FC2ブログ
りょうくみ 徒然草
レッズ
 レッズのファンなんですーっ!
 何だかピンときませんが、2位にガンバを従え現在首位。
 このまま初のリーグ制覇をして欲しい。

 ところで、レッズって強い……んですよねぇ。首位なんですもんねぇ。 ですが、私はそれに違和感があるんです。
 何が違和感かって? それは「なんでレッズなのに首位なの?」ということなんです。

 それは私の中にある「強いレッズはレッズじゃない!」という思い込みから来ていることは間違いありません。
 Jリーグ開幕から数シーズン連続最下位。負けて負けてサポーターに怒られる。挙げ句の果てにはJ2落ち。 あのとき、福田選手の「涙のVゴール」は我々レッズファンの涙でした。
 しかし、と同時に「やっぱりレッズだ……」という安心感にも似た脱力感を感じていたのも事実でありました。
 確かにステージ制覇もしました。ナビスコカップも取りました。でも、私の中ではあのレッズがレッズなのです。

 それゆえ、いくら首位を走っていても、「レッズなんだからどうせ負ける」という不安がいつもいつも心の中に渦巻いているのです。
 カミさんなんか「首位? レッズなんでしょ。ダメダメ」などと身も蓋もないいい方。しかし、それをはねのけられない私がいる。

 そんな私の心を知ってか知らずか、前々節、前節と「引き分け」「負け」と急減速。ガンバとの勝ち点差は3。1試合分に縮まってしまった。
 あと5節。 このままでいくと3敗はしそう。 そしたらきっと最終節の対ガンバ戦を待たずして負けが決定してしまう。

 いや、ここで気持ちを入れ替え、ぜひともリーグ制覇を果たしてもらいたい!  でもそれじゃあレッズがレッズで無くなっちゃう。

 ああ、男心って フ・ク・ザ・ツ。
 
スポンサーサイト



【2006/10/30 16:05】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(14) |
コランダム採集
 私の地元、富山県南砺市利賀村でコランダム(サファイア)を採集してきました。
 それにしても地元っていいですね。何がいいって、まず「早起きしなくていい」「車を運転する時間が短い」そして「またいつでもくることができるため、それほど必死にならなくてもいい」。産地の近くに住んでいるっていうのはこういうことなんだと、実感したしだいであります。

 私たちが初めて利賀村に来たのは今から5年前。まだ千葉県松戸市に住んでいたころ、お盆の帰省ついでに来たのが最初でした。そのときは夏の山がどういうところなのかもわからず、アブの大群に取り囲まれ恐怖を味わったものです。

 ところで、この利賀村というところ、その5年前のときまで、私はどこにあるか知りませんでした。「ここを曲がれば利賀村にいくんだな」という場所はわかっていましたよ。でもその道は国道であるにもかかわらず、まるで林道。こんな道の先に家なんか建っているのかと思うような道が山のはるか上に向かって続いている。しかも、そこには「利賀村19km」の標識が。

 さて、利賀のコランダム。基本的に色はついておりません。しかし若干青みがかっておりますので、サファイアといっても問題はなさそうです。ときには赤いのも見つかるんですよ。


グレーの丸い(よく見ると六角形)ところがコランダム。これは結晶の断面が見えている。
直径約5ミリ
20061023161043.jpg



模様入り。トラピチェみたい。直径約1センチ。
20061023161057.jpg



こちらは結晶の縦方向。全体が雲母にくるまれている。2センチ。
20061023161108.jpg



市販のルーターで雲母を取り除いてみると。
20061023161134.jpg



 グレーっぽい色ですが、これを1000℃近くに加熱するとスッキリした青になっちゃうんですよねぇ。


 ところで、コランダムの産地は日本全国にもそれほど多くはありません。赤ければルビー、青その他の色ならばサファイアと呼ばれるコランダム。この石が産出しているところの多くが天然記念物に指定されています。
 ところが、ここはそんな気配まるでなし。「もう、いくらでも持っていけー」って感じです。きっと富山県には鉱物の専門家がいないんでしょうね。



 富山県南砺市利賀村高沼地区。産地が荒れているというわけでもなく、ただ誰も来なくて荒廃してるだけ風なところです。









【2006/10/23 16:15】 鉱物 | TRACKBACK(1) | COMMENT(12) |
利賀のコランダム
 今日、南砺市利賀村にコランダムを採りにいってきました。
 現在洗浄中。
 写真は明日アップします。

 感想
 近場はいい。
【2006/10/22 18:27】 鉱物 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
なんて名前にする?
 紫の水晶をアメジスト。黄色い水晶をシトリン。
 ひとつの水晶の中に紫と黄色があると、それはアメトリン。
 アメトリンって名前自体がかなり強引ですけれど、ま、いいかなって感じ。

 ところで、10月15日にまたまた岐阜県中津川市の「ちんの峠」で水晶を採ってきました。
 ここのメインは煙水晶ですが、その他に小さいながらも黄色い水晶がいくつか見つかります。
今回も数本個見つけました。ところが、そのなかに透明な水晶の一部分が黄色くなっているものがあったのです。

透明な水晶の一部分が黄色くなっていたら何ていうのかな。
 アメジストやシトリンなんかとは違って、透明な水晶には宝石名なんかついていない。
 名前がない。
ということはアメトリンのアメをとって「トリン」とか「シトリ」ってところだろうか。
 それともクオーツとシトリンで「クオトリン?」「シトーツ?」。
 ちょっと違うけれどクリスタルとシトリンで「クリトリン?」「シトリタル?」。
 うーん、どれをとってもピンとこないうえに、だんだん変になってきた。
 第一、クオーツなんて水晶の英名だし、クリスタルは水晶を指し示しているわけじゃない。

 というわけで、カミさんと協議の結果、「白と黄色のバイカラー水晶」ということで落ち着きました。
 って、ぜんぜんヒネリが利いていなーい。


 その白と黄色のバイカラー水晶はこちら。 約1.5センチ
20061017133500.jpg



 その他の黄色い水晶はこちら。黄ばんでいるだけにも見える。
 一番長い結晶、約1センチ
20061017133514.jpg




今回一緒に行ったのは
同じ富山県在住のヒロコロ氏
自然体験記IN富山県(鉱物採集や自然との触れ合い)






【2006/10/17 13:37】 鉱物 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
石不思議大発見展に行ってきました
 京都でおこなわれた「石不思議大発見展」に行って来ました。

 会場の広さとしては、名古屋ショーよりひとまわり広い感じ。そして名古屋ショーと違って個人の出店はありませんでした。
 日本産の鉱物はそれほど多くなく、多く並べているお店でも全品の半分程度。あとは、置いてあってもせいぜい1種類か2種類。まあ、仕方のないことですけどね。
(ということは名古屋ショーって、かなり特殊)

 ところで、外国人の業者はおもしろいですね。何がおもしろいかっていうと、交渉次第で半額になっちゃったりするんです。日本の業者はほぼ不可能。外国人相手になるとカミさんがヤケにはりきっちゃて、トンデモナイ金額まで下がっていくこともしばしば。うーん、外国人好きか?!


 さて、買い物はというと以下の4点。

1.満ばん柘榴石(スペサルティン)
2.鉄ばん柘榴石(アルマンディン)
3.灰鉄柘榴石(アンドラダイト)
4.金緑石(クリソベリル)


1.満ばん柘榴石(スペサルティン) 石の幅 約6センチ  中国産
他に水晶と蛍石がついています。
20061011150140.jpg




2.鉄ばん柘榴石(アルマンディン) 一番大きな結晶 約1センチ  パキスタン産
母岩となっている長石の白と赤いアルマンディンのコントラストがキレイ。
20061011150126.jpg




3.灰鉄柘榴石(アンドラダイト) 一番大きな結晶 約1.5センチ  長野県産
20061011150153.jpg




4.金緑石(クリソベリル) 約 1センチ  ブラジル産
20061011150208.jpg




 あららら、4つのうち3つが柘榴石。
 カミさんは、採集を始める前まではガーネットが大嫌いだったそうなのだが、今はまったく逆。彼女がいうところでは、「原石を見たら誰だって大好きになる」「カットしたガーネットはガーネットではなくなる」のだそうだ。
 4つめの金緑石は衝動買い。これだけ透明感のある結晶がこの値段なのは掘り出し物なのだそうです。ちなみに1200円。

 カミさん的には十分満足できた石不思議大発見展でした。
 その後、金閣寺を見学し、チョコレートとイチゴの生八つ橋をおみやげにして京都をあとにしました。
(チョコレートとイチゴ。びっくり)



 京都ショーからの帰りついでに、三重県の山田鉱山と岐阜県の洞戸鉱山に寄ってきました。
 山田鉱山はマンガン鉱山ですが、オレンジ色の満ばん柘榴石が採れます(やっぱりガーネット)。
 洞戸鉱山は日本で最も美しいといわれる透輝石(ダイオプサイド)と緑の灰ばん柘榴石(グロッシュラー:やっぱりガーネット)。

 残念ながら山田鉱山では目の前まで行きながら、ズリの場所がわからず空振り。
 洞戸ではまあまあ納得できる成果がありました。


透輝石(ダイオプサイド) 細長い結晶 約1センチ20061011150223.jpg




 ついでに、洞戸鉱山入り口に出ている看板。
 どこもこうなら嬉しいのに。20061011150112.jpg





【2006/10/11 15:07】 鉱物 | TRACKBACK(5) | COMMENT(6) |
石不思議大発見展

10月 7・8・9日 と京都の都メッセで石不思議大発見展があります。
私たちは8日に行く予定でおります。

カミさんはいろいろ目的の石があるようですが、私は日本産の鉱物がどの程度出品されているのかを見てきたいと思っています。

もし会場で見かけたら声をかけて下さいね。
喜びます。


【2006/10/07 11:51】 鉱物 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
こんな所に足湯が!
 国道471号線。岐阜県飛騨市神岡から長野県との県境である安房峠に向かう国道。その国道を走るバスのバス停に「足湯」がついているんです。

 場所は新平湯温泉と平湯温泉の中間近く、福地温泉付近、クマ牧場のよりもわずかに神岡よりであります。
 バス停の名前は「一宝水(いっぽうすい)」と「上地ヶ根(うえちがね)」。2か所だけなのですが、バス停に足湯という発想がおもしろいではありませんか。

 このあたりのバス停の多くは、お洒落にもログハウス風に作ってありまして、雨風が十分にしのげます。そのログハウスの裏手に小さいながらも立派な足湯がその一部として設置されているのです。

 バス停にこのような機能を持たせる意味は?
 誰もがそう思いますよね。きっと、バスを待っている間に利用してくださいね。ということなのでしょう。それ以外、考えられませんが。


 というわけで、ちょっと想像。

1 「気持ちいいねー」
  「そうだね、たくさん歩いたから、ふくらはぎがパンパンだもんね」
  ブッブー
  「あ、バス来た! 運転手さんちょっと待って!」
  「すみません! いま靴はきますから」
  「お客さーん、早くしてくださいよー」
  「あああー、足が濡れてて靴下がはけないいいー!」

2 「気持ちいいねー」
  「そうだね、たくさん歩いたから、ふくらはぎがパンパンだもんね」
  ブッブー
  「あ、バス来た」
  「え、あれ? 行っちゃった。運転手さん私たちに気づいてないいー!」
  「あー待ってええー。 次は2時間ごぉぉぉぉ」

3 「気持ちいいねー」
  「そうだね、たくさん歩いたから、ふくらはぎがパンパンだもんね」
  ブッブー
  「お客さん! いつまでも入ってないで、早く乗ってください」
  「えっ? あ、すみません。私たち車なものでバスじゃないです」
  「そうなの? まぎらわしいからもうちょっと隠れて入っていてよ」
  ブッブー

 バス停に足湯っていうと、なんだかこんな感じになっていそうです。でも、いままで路線バスなんて見たことないですけど。

 このバス停、注意していないと簡単に見逃しちゃいます。ま、バス停ですからね。
 広さはというと一宝水のほうは4人でちょうど。上地ヶ根は2人までというくらい。本当に小さいのです。これに気づいている人じたい何人いることか。
 でも、できてからまだそれほど時間がたっていませんから、どちらもキレイ。完全掛け流し、源泉から直接来ているようです。温度調節たぶんなし。秋にはジャスト温度!

 バス停で「足湯」なんて、絶対楽しいと思います。ぜひ一度体験なさってはいかがですか。

http://www.okuhida.or.jp/news/7.html
ここに写真が。他にも紹介されていますが、やっていないところもありました。
【2006/10/02 14:44】 風景 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


PROFILE
辰尾良二&くみ子
  • Author:辰尾良二&くみ子
  • メール tatsu348@hotmail.co.jp

    鉱物採集は「水晶に始まり水晶に終わる」なんていわれていますが、私たちはガーネットが始まりでした。
    鉱物が大好きなカミさんに連れられて、初めてやった採集がガーネット。土をフルイに入れ水に沈めると、中から真っ赤な丸い粒がっ! 感動しました。

    トップの写真は、カエルのぬいぐるみドン・ケローネの「けろりん」です。
    ケローネ写真館はこちら。http://www.k4.dion.ne.jp/~tatsu348/kerohp/kero.html
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2006/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • いろいろ移転しております(12/08)
  • 新りょうくみ徒然草 あります(10/07)
  • 新りょうくみ徒然草 あります(08/16)
  • ついにログインできました(06/15)
  • 秋の味覚(10/07)
  • 石友に会いに行ってきた(08/21)
  • 海老名に帰省 その道中にて……(08/19)
  • 帰ってきました(08/17)
  • 帰省(08/09)
  • 日経プラスワンの記事(07/22)


  • RECENT COMMENTS
  • wakaba(07/23)
  • タツヲ(06/25)
  • wakaba(06/24)
  • タツヲ(05/31)
  • タツヲ(05/31)
  • Saruneko(05/31)
  • Saruneko(05/31)


  • RECENT TRACKBACKS
  • パワーストーンと鉱物:(09/29)
  • ガーネットがすごくよかった:ジュエルのクローバー♪【送料無料】ホワイ(09/06)
  • ガーネットを...:鮮やかジュエルをスタイリッシュフォルムで(08/12)
  • ガーネットを...:鮮やかジュエルをスタイリッシュフォルムで(08/12)
  • ガーネットをあげる:【ツァボライト×ゴールドピアス・リヴェル(08/12)


  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年06月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (5)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (4)
  • 2007年07月 (2)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (7)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (5)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (6)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (10)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (4)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (5)
  • 2005年05月 (3)


  • CATEGORY
  • 富山県ニュース (3)
  • 食い物 (2)
  • 観光 (3)
  • 鉱物 (85)
  • 風景 (23)
  • ステキな出来事 (5)
  • BCLラジオ (2)
  • オールドF1&WRC (0)
  • 焼き物 (2)
  • くみの「おまぬけ海外旅行」 (3)
  • パソコン関係 (4)
  • 屁理屈 (0)
  • 未分類 (15)
  • FM (3)
  • 音楽 (1)
  • お知らせ (1)


  • LINKS
  • けろーね写真館
  • 星図にない星


  • SEARCH